Table Driven Tests

今日はとあるコードのテストをTable Driven に書き換えていた

GoではテストはTable Drivenな形式が公式からも推奨されている

今までPerlでテストを書いていたときはの時はストーリー(?)的な書き方で上からなぞるようなテストになっていた。

それはそれで良いのだけれど Table DrivenなテストはInputとOutputがきちんと定義されているのでコードレビューしたときに条件が読みやすくてよい

1回定義できてしまえば、テストケースを追加するのもそこまで手間ではないのも良い(まぁ、テストケースによるだろうけど)